Last update:2014/10/17

人気別荘地紹介(東北)

一口に別荘と行ってもどこに建てるかで、まったく違う雰囲気をもったものになります。

別荘地のなかには歴史もあり、総区画数が1000区画を超える大きな所から、まだ誰も足を踏み入れていない秘境のようなところまで様々です。ここでは代表的な別荘地を解説しながら案内していこうと思います。



北海道の別荘地

函館を中心とする北海道の南、道南と呼ばれる地域には、古くから交易の拠点となっている港町が数多く存在しており、北海道のなかでも、外に向けて開かれた地域といえるでしょう。

そのため、日本の伝統文化と外国の文化が融合したモダンな景観が見られます。特に、函館は異国情緒たっぷりの町を散策し、江差や松前などでは純和風の名家跡や城跡跡などを訪ねたいものです。

その他にも国定公園の大沼といった、観光の名所が数多くある地域です。

 

気候は当然低く、寒くて暮らし難いイメージもあるのですが、サラサラのパウダースノーは、海外にまで名を知られているほどの綺麗さです。真冬の平均気温はマイナス10℃前後にまで下がり、シベリアから吹く季節風が羊蹄山やニセコ連峰などの高山にぶつかって雪を降らせます。

この地域の春の訪れは遅く、5月中旬からとなり、サクラやカタクリの花、フキやタケノコの山菜などの植物が生命の息吹を感じさせてくれます。

羽鳥・猪苗代の別荘地

リフォームを考えるなら青森県に存在する羽鳥・猪苗代も代表的な別荘地の1つも見ておきましょう。日本で4番目に大きい猪苗代湖を望むこの地域では、遊覧船やボートを楽しむことが出来ます。

さらに夏には湖水浴やヨット、ウェイクボードなどのスポーツを楽しむことが出来ることでも有名です。周辺にはオートキャンプ場やスキー場が数多く存在しており、自然も豊かなことから、全国からアウトドアや、ウィンタースポーツなどをするために人が集まってきています。

 

高原性の気候で、寒暖の差が大きいのが特徴。冬は11月の初め頃から雪が降りはじめ積雪もとても多い地域です。特に猪苗代町は特別豪雪地帯に指定されています。当然のように春も遅く、5月に林間から雪が消えると、ミズバショウが顔を出し、オオヤマザクラ咲き誇ります。夏は温度が低く、湿気も少ないため避暑地としても人気があります。

那須・日光の別荘地
那須と言えば茶臼岳などの5つの峰々がつらなった「那須五峰」が有名で、さまざまな四季の表情を見せる山々が美しい地域です。山頂まではロープウエイが運行しており、登山をしなくても気軽に素晴らしい景観を眺めることができます。

また、湯本温泉街から街へ下ると、木々に囲まれた高原が広がります。木々が間をいく木洩れ日のドライブロードには、レジャー施設がたくさんあり遊ぶ場所にもことかきません。また、美術館が数多くあることでも有名でゆったりとした時間を過ごすことができます。

 

気候は高度が高いため、湿気が少なく、夏でも気温が低いのが特徴です。また、那須高原は、標高差によっても気候がかわります。標高の低い地域では以外にも雪が少ないため、定住するにも良いところといえるかもしれません。那須の気候で注意が必要なのは、冬季の雨後に吹く「那須おろし」と呼ばれる強い風で、風の通り道に別荘がある場合などは、防風対策をしましょう。春は遅く、五月に入っても寒い日が続きます。

pickup

サッカーユニフォームやフットサルユニフォームのチームオーダー専門店

サッカーユニフォーム

バルーン・ゴム風船・ヘリウムガス風船・キャラクター風船を各種取り揃えております

ヘリウムガス 風船

大船駅徒歩3分の当院では国際インプラント学会認定医と歯周病認定医によって治療に取り組んでおります

歯周病 横浜

不動産の無料査定もいたします。

広島市 不動産

Last update:2016/7/27